ダイエット

健康以外にもダイエット効果アリ!ヨーグルトダイエットの効果的な食べ方と飽きないレシピ

投稿日:

最近の健康ブームでは、より美容と健康を意識した商品や食材が出てくるようになりました。

特にヨーグルトはヘルシーで味のクセが無いことや乳酸菌などの菌類は「美容やダイエットに最適」だという効果があります。

ここでは、ヨーグルトの知られざる栄養素やダイエットに効果的なポイントなど、簡単にできるレシピも含めてご紹介します。

普段ヨーグルトをあまり食べない人も、ダイエットにヨーグルトは本当に効果があるの?と疑問に思う人にもオススメなヨーグルト活用法をご紹介していきます。

ぜひ参考にしてみてください。

ダイエット向きなヨーグルトの種類

スーパーに行くとヨーグルトは乳酸菌だけではなく、様々な菌の種類を強調したヨーグルト商品が並んでいます。

ここで一番大切になってくるのは「腸内環境を良くすること」がヨーグルトがダイエット向きと言われる大きなカギになります。代表とされる菌を具体的にご紹介します。

ダイエットの天敵、内臓脂肪を減らす!「ガセリ菌SP株」

ヨーグルトに含まれるガセリ菌には、日本人由来の乳酸菌と言われ小腸に長くとどまることができる特徴があります。

内臓脂肪を減らし燃焼してくれる働きがあるのでダイエットに大活躍する菌です。

便秘解消に効果的!「ビフィズス菌SP株」

ヨーグルトで乳酸菌と同じくらい有名なのがビフィズス菌です。

この菌は、主に大腸にいて便秘を解消させ老廃物を外に出すデトックスの効果を持っています。

ダイエット中の肌荒れを改善!「LB81乳酸菌」

この菌はブルガリア菌とサーモフィラス菌を合わせたもので、主にダイエット中のストレスから来る肌トラブルや荒れを防いで美肌を保つ効果があります。

また、便秘解消効果もあるので、スッキリと代謝の良いダイエット向きな身体を作る効果があります。

生きたまま腸と美ボディに届く「BE80菌」

この菌の特徴は「生きたまま腸に届くビフィズス菌」です。

どうしても溜まってしまいがちなお腹のガスや張りを和らげる働きがあります。

実はダイエットをする上でお腹にガスが溜まっていると痩せにくいことがわかっています。

このように、ヨーグルトには様々な効果の菌類が多く存在しています。

あなたの身体に合ったダイエットヨーグルトを見つけることが大切ですね。

こんなにも効果が!?ヨーグルトの隠れたダイエット・美容効果

こんなにヘルシーで手軽なヨーグルトは本当にダイエットに役立つのでしょうか?

ここでは、ヨーグルトの具体的なダイエット効果をご紹介します。

ダイエットの強い味方!「乳酸菌」

ヨーグルトには必ず入っている乳酸菌には主に「血行促進効果」と「腸内環境を整えて代謝UP効果」があります。

乳酸菌には腸内にある善玉菌を増やす力があるので、血液がサラサラになりダイエットをしていても肌の血色が良く健康に痩せることができます。

ダイエットで大切なことは「しっかり排出できること」でもあります。

乳酸菌には腸内をキレイに掃除する力と便秘を改善して不要なものはしっかりデトックスできる痩せやすい身体にしてくれる効果があります。

不足しがちな脂肪を燃やす栄養素「カルシウム」がたっぷり!

ヨーグルトに含まれているカルシウムは、体脂肪を付きにくくしたり脂肪を燃焼する働きがあります。

もし不足してしまうと脂肪を溜めこんでしまい、燃焼もしづらくなってしまいます。

また、体温を上げてくれるので代謝を良くして脂肪燃焼しやすい身体にしてくれます。

今や、ダイエットには欠かせない必要な栄養素として重宝されています。

効果的なヨーグルトダイエット方法

ヨーグルトダイエットには様々な食べ方がありますが、一番効果的なのが「夜ヨーグルトダイエット
です。これは毎日、夕食後にヨーグルトを食べる簡単なダイエット方法です。

食事後のほうが、生きた乳酸菌や栄養素が胃腸まで届くので、朝食べるよりも夜に食べる習慣を付けましょう。

1日の基本料は「200g」で、時間帯は「22~2時の腸のゴールデンタイムの3時間のうちに食べる」と効果を発揮します。

1 食べる量は1日200gが上限
2 夕食後(22時~2時まで)のゴールデンタイムで食べる
3 朝ではなく夜食べること

このタイミングや基本量を守って続けるとダイエット効果が高くなると言われています。

美味しい!ヨーグルトアレンジレシピ

ヨーグルトダイエットのヨーグルトは基本的にプレーンを毎回食べるので、どうしても飽きが来てしまうものです。毎日続けるものだったら、なるべく美味しく楽しく食べたいですよね。

ダイエットを続ける人のために、ここでは毎日のヨーグルトに変化を付けるアレンジレシピをご紹介します。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

「インスタントコーヒー+ヨーグルト」

意外とヨーグルトと相性が良いのがインスタントコーヒーです。

ヨーロッパでよくアレンジされるレシピで、コーヒーには脂肪を燃焼させるカフェイン成分が含まれているのでダイエットの相性がバッチリです。

少し苦いなと思ったら、オリゴ糖やハチミツで調整してみてくださいね。

「塩+ヨーグルト」

これは、ヨーグルトに塩を入れるだけの、一番簡単なアレンジです。

塩には乳酸菌を体内で活性化させる効果を持っています。

甘くないヨーグルトもレシピに加えてみてはいかがでしょうか?

岩塩やクレイジーソルトなどいろんな塩を振って楽しんでみてくださいね。

「水切りギリシャ加工+ヨーグルト」

濃厚さが人気のギリシャヨーグルトも、自宅で簡単に作ることができます。

ざるにキッチンペーパーを敷いてヨーグルトを入れ、ラップして一晩置いておくだけでギリシャヨーグルトの完成です。

チーズのような風味となめらかな舌触りなのでジャムなどを付けてお楽しみいただけます。

その他にも寒い季節には「ホットヨーグルト」をオススメします。電子レンジで約1分加熱するだけで簡単に作ることができます。

オススメ!良いヨーグルトの選び方

現在ではスーパーやお店に行くとヨーグルトの種類が多いので、どれがダイエット向きなのかわからなくなりますよね。

ダイエットにオススメなのが、ヨーグルトの中でも「善玉菌のプロバイオティクス」を含んだヨーグルトを選ぶことがオススメです。

プロバイオティクス成分は胃酸に消化されにくいことが特徴なので、腸まで脂肪燃焼などの効果が続くからです。

ヨーグルトダイエットの口コミ

実際にヨーグルトダイエット生活をしている人はどのような効果が表れているのでしょうか?

口コミによれば、「胃腸の調子も良くなり、日々体重がぐんぐん減って維持しているという声や「朝から便通もあっていい感じ!嬉しすぎる」という声が多いようです。

ヨーグルトはダイエットだけでなく、しっかりと健康面も・メンタル面でも良い効果が表れているようです。

ヨーグルトダイエットの注意点とポイント

ここでは、ヨーグルトダイエットをする上で特に注意して欲しいポイントをご紹介します。

間違った食事法を行っていると、せっかくのダイエット効果が半減してしまうこともあるので覚えておいてくださいね。

朝ヨーグルトは乳酸菌が減る!

朝食によくヨーグルトを食べるイメージがありますが、お腹に何も入っていない状態でヨーグルトを入れてしまうと乳酸菌や栄養素が胃酸にやられて死んでしまいます!

ヨーグルトの栄養価やダイエット効果を生かすためにはぜひ、夕食後に食べることをオススメします。

プレーンタイプのヨーグルトを選ぶこと

ヨーグルトダイエットは、ヨーグルトだったら何でもOKかというと、そうではありません。

加糖のものやフルーツなどが入っているものは避けてプレーンタイプを選ぶようにしてください。

プレーンタイプでも200gで約120~140kcalのエネルギーがあるので食べ過ぎはNGです。1日の基本量やタイミングを守って摂取してくださいね。

【夜活動するヨーグルトで痩せやすい代謝ボディを目指しましょう】

普段、何気なく食べているヨーグルトでも、食べるタイミングや量を少し変えるだけでお手軽なダイエット方法に大変身します。

ぜひ、朝ヨーグルトを夜ヨーグルトに置き換えて、脂肪を燃焼しやすい美ボディを手に入れてください。

-ダイエット
-

Copyright© ダイエットイシュー , 2018 All Rights Reserved.